• トップバナー
  • お問い合わせ
  • 交通案内
  • HOME
  • 当センターの紹介
  • 一般向け情報
  • 講演会・イベント
  • 医療者向け情報

ホーム > 医療者向け情報 > 論文等業績 > 2017年 論文等業績

2017年 論文等業績

|2017年|2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年

原著論文 (症例報告を含む)
1. Moriyama Y, Horita N, Kudo M, Shinkai M, Fujita H, Yamanaka T, Ishigatsubo Y, Kaneko T: Monocyte nadir is a possible indicator for neutrophil nadir during lung cancer chemotherapy.Clin Respir J, 11:453-458, 2017.
2. Tsukahara T, Horita N, Tashiro K, Nagai K, Shinkai M, Yamamoto M, Sato T, Hara Y, Nagakura H, Shibata Y, Watanabe H, Nakashima K, Ushio R, Nagashima A, Ikeda M, Narita A, Sasaki K, Kobayashi N, Kudo M, Kaneko T: Factors for Predicting Outcomes among Non-HIV Patients with Pulmonary Tuberculosis. Intern Med, 56(24):3277-3282, 2017.
3. Tashiro K, Horita N, Nagai K, Ikeda M, Shinkai M, Yamamoto M, Sato T, Hara Y, Nagakura H, Shibata Y, Watanabe H, Nakashima K, Ushio R, Nagashima A, Narita A, Kobayashi N, Kudo M, Kaneko T: HbA1c level cannot predict the treatment outcome of smear-positive non-multi-drug-resistant HIV-negative pulmonary tuberculosis inpatients. Sci Rep, 7:46488,2017. doi: 10.1038/srep46488.
4. Isaka T, Yokose T, Miyagi Y, Washimi K, Nishii T, Ito H, Nakayama H, Yamada K, Masuda M: Detection of tumor spread through airspaces by airway secretion cytology from resected lung cancer specimens. Pathol Int, 67 (10): 487-494, 2017.
5. Kameda Y, Nishii T, Tsuboi M, Arai H, Inui K, Kaneko T, Kimura N, Naruse M, Masuda M: Alveolar soft-part sarcoma of the mediastinum: A case report. SAGE Open Med Case Rep, 2017 Feb 23;5:2050313X17695473. doi: 10.1177/2050313X17695473.
6. Nagata M, Ito H, Matsuzaki T, Furumoto H, Isaka T, Nishii T, Yokose T, Nakayama H: Body mass index, C-reactive protein and survival in smokers undergoing lobectomy for lung cancer. Eur J Cardiothorac Surg, 51 (6): 1164-1170, 2017.
7. Adachi H, Sakamaki K, Nishii T, Yamamoto T, Nagashima T, Ishikawa Y, Ando K, Yamanaka K, Watanabe K, Kumakiri Y, Tsuboi M, Maehara T, Nakayama H, Masuda M: Lobe-Specific Lymph Node Dissection as a Standard Procedure in Surgery for Non-Small Cell Lung Cancer: A Propensity Score Matching Study. J Thorac Oncol, 12 (1): 85-93, 2017.
8. 菅野健児,永島琢也,椎野王久,乾 健二,益田宗孝:下行大動脈浸潤が疑われた左肺下葉肺癌に対し大動脈ステントグラフト二重内挿術後,左肺全摘を施行した1例.日呼外会誌,31 (4):488-493,2017.
9. 菅野健児,永島琢也,椎野王久,乾 健二,三ツ堀隼弘,益田宗孝:頸部リンパ節腫大を伴った気管成熟奇形腫の1例.気管支学,39 (3):273-277,2017.
10. 鮫島譲司,伊藤宏之,中山治彦,西井鉄平,永島琢也,益田宗孝:極めて稀な縦隔型A7a+8bを有した右下葉肺癌の1切除例.日呼外会誌,31 (5):684-688,2017.

総説
1. 工藤 誠:気管支平滑筋の収縮調節機構.アレルギー,66(6) :798-803,2017.

学会等発表
1.

Yamamoto M, Ushio R, Watanabe H, Tachibana T, Tanaka M, Yokose T, Tsukiji J, Nakajima H, Kaneko T: A case of disseminated tuberculosis infection in a severely immunocompromised patient after haematopoietic stem cell transplantation, only diagnosed by digital PCR using circulating cell-free DNA. ECCMID 2017, Vienna, 2017, 4.

2. Kobayashi N, Shibaya Y, Yamamoto M, Sato T, Shinkai M, Koizumi H, Takahashi K, Kudo M,  Kaneko T: Development of a novel anti-cancer immune therapy using the synthetic oligonucleotide containing poly-G motif. American Association for Cancer Research, Washington, D.C.,2017,4.
3. Kobayashi N, Aoki A, Koizumi H, Takahashi K, Yamamoto M, Sato T, Shinkai M, Kudo M,  Kaneko T: Reliability of T-SPOT.TB for Screening Mycobacterium Tuberculosis Infection in Japan. American Thoracic Society Annual Meeting, Washington, D.C.,2017,5.
4. Nakashima K, Sato T, Sasaki H, Ikeda M, Nagashima A, Watanabe H, Nagai K, Nagakura H, Horita N, Kobayashi N, Yamamoto M, Kudo M, Shinkai M, Kaneko T: Regulatory Role of Heme Oxygenase-1 in Silica-Induced Lung Injury. American Thoracic Society Annual Meeting 2017, Washington, D.C., 2017, 5.
5. Ikeda M, Yamamoto M, Nagakura H, Nakashima K, Watanabe H, Nagai K, Ushio R,  Shibata Y, Tashiro K, Horita N, Sato T, Kobayashi N, Kudo M, Shinkai M, Kaneko T: Clinical Features Affecting the Sensitivity of TSPOT.TB in Newly Diagnosed Smear-Positive Pulmonary Tuberculosis. American Thoracic Society Annual Meeting 2017, Washington, DC, 2017, 5.
6. Kimura Y, Shinkai M, Nagashima A, Shinoda M, Shimokawaji T, Kobayashi N, Kudo M, Ikeda M, Nakashima K, Watanabe H, Nagai K, Nagakura H, Horita N, Yamamoto M, Sato T, Kaneko T: Solithromycin Attenuates IL-13 Induced Goblet Cell Hyperplasia and MUC5AC Production, and Inhibited CLCA1 Suppression in Normal Human Bronchial Epithelial Cells. American Thoracic Society Annual Meeting 2017, Washington DC, 2017, 5.
7. Sasaki H, Hara Y, Shinkai M, Nagai K, Watanabe H, Ikeda M, Nakashima K,  Nagakura H, Horita N, Nagashima A, Ushio R, Tashiro K, Shibata Y, Toda M, Takagi K,  Sato T, Yamamoto M, Kobayashi N, Kudo M, Rubin B, Hashimoto S, Kaneko T: ELISA Development for Serum Hemeoxygenase1 and Its Application to Patients with ALI/ARDS. American Thoracic Society Annual Meeting 2017, Washington DC, 2017, 5.
8. Shibata Y, Sato T, Ikeda M, Sasaki H, Nagashima A, Ushio R, Nakashima K, Watanabe H, Nagai K, Tashiro K, Nagakura H, Horita N, Hara Y, Yamamoto M, Kobayashi N,  Kudo M, Shinkai M, Kaneko T: Serum CXCL16as a potential prognostic marker in advanced non‑small cell lung cancer. American Thoracic Society Annual Meeting 2017, Washington DC, 2017, 5.
9. 佐々木寿,原悠,池田美彩子,成田篤哉,中島健太郎,渡邊弘樹,長井賢次郎,長倉秀幸,堀田信之,長島哲理,田代 研,柴田祐司,牛尾良太,高木 圭,戸田万里子,山本昌樹,佐藤 隆,新海正晴,金子 猛:FDG-PET/CT にて肺への集積を認め経気管支肺生検で診断し得た血管内大細胞型B 細胞リンパ腫の1 例.第171回日本結核病学会関東支部学会第223回日本呼吸器学会関東地方会合同学会,2017,2.
10. 福井諒,長井賢次郎,堀田信之,佐藤隆,山本昌樹,長倉秀幸,塚原利典,田代研,柴田祐司,渡邊弘樹,中島健太郎,牛尾良太,池田美彩子,佐々木寿,佐々木克仁,金子猛:塗抹陽性,非多剤耐性,HIV 陰性の肺結核入院患者に対して,A-DROP スコアが生命予後予測に有用である.第81回神奈川県感染症医学会,横浜,2017,3.
11. 間邊早紀,佐多将史,村上修司,近藤哲郎,加藤晃史,斉藤春洋,山田耕三:EGFR T790M陽性肺癌患者の胸水に対するオシメルチニブ治療効果の検討.第57回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2017, 4.
12. 寺西 周平, 小林 信明, 篠田 雅宏, 下川路 伊亮, 新海 正晴, 小泉 晴美, 高橋 健一, 室橋 光太, 宮沢 直幹, 工藤 誠, 金子 猛:当院及び関連2病院における既治療進行非小細胞肺癌患者に対するNivolumabの使用経験.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
13. 鄭 慶鎬, 篠田 雅宏, 下川路 伊亮, 三神 直人, 原田 寛子, 片倉 誠悟, 木村 泰浩, 寺西 周平, 須藤 成人, 小林 信明, 工藤 誠, 新海 正晴, 乾 健二, 稲山 嘉明, 金子 猛:EGFR-TKI耐性化症例における複数部位での再生検についての検討.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
14. 佐藤 隆, 新海正晴, 山本昌樹, 堀田信之, 長倉秀幸, 長井賢次郎, 渡邊弘樹, 中島健太郎, 池田美彩子, 牛尾良太, 柴田祐司, 長島哲理, 田代 研, 金子 猛: TLR9はエラスターゼ誘導マウス肺気腫モデルの進行に関与する. 第57回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2017, 4.
15. 田代 研, 山本昌樹, 池田美彩子, 長島哲理, 中島健太郎, 牛尾良太, 長井賢次郎, 渡邊弘樹, 柴田祐司, 長倉秀幸, 堀田信之, 佐藤 隆, 新海正晴, 金子 猛: 肺抗酸菌症 病態解析 結核治療予測因子としてのHepcidinの検討. 第57回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2017, 4.
16. 柴田 祐司, 佐藤 隆, 池田 美彩子, 長島 哲理, 中島 健太郎, 牛尾 良太, 渡邊 弘樹, 長井 賢次郎, 田代 研, 長倉 秀幸, 堀田 信之, 小林 信明, 山本 昌樹, 新海 正晴, 工藤 誠, 金子 猛:進行期非小細胞肺癌における血管新生阻害薬の選択指標としてのCXCL16の有用性評価.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
17. 木村 泰浩, 長島 哲理, 新海 正晴, 高木 圭, 戸田 万里子, 佐々木 寿, 長井 賢次郎, 長倉 秀幸, 堀田 信之, 須藤 成人, 篠田 雅宏, 下川路 伊亮, 小林 信明, 工藤 誠, 山本 昌樹, 佐藤 隆, 金子 猛:正常ヒト気道上皮細胞でのソリスロマイシンによるIL-13誘導杯細胞過形成とMUC5ACおよびCLCA1の発現の検討.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
18. 中島健太郎, 佐藤 隆, 新海正晴, 山本昌樹, 堀田信之, 長倉秀幸, 田代 研, 柴田祐司, 長井賢次郎, 渡邊弘樹, 牛尾良太, 長島哲理, 池田美彩子, 金子 猛:珪肺におけるヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)によるROS-ERK1/2シグナル伝達の調節. 第57回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2017, 4.
19. 中島健太郎, 堀田信之, 成田篤哉, 長島哲理, 牛尾良太, 柴田祐司, 田代 研, 池田美彩子, 渡邊弘樹, 長井賢次郎, 長倉秀幸, 山本昌樹, 佐藤 隆, 新海正晴, 金子 猛:進行NSCLC一次化学療法第III相RCTにおけるOSの代替指標. 第57回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2017, 4.
20. 池田 美彩子, 山本 昌樹, 長倉 秀幸, 渡邊 弘樹, 田代 研, 牛尾 良太, 長島 哲理, 柴田 祐司, 中島 健太郎, 長井 賢次郎, 小林 信明, 佐藤 隆, 工藤 誠, 新海 正晴, 金子 猛:活動性肺結核患者のT-spot陽性率.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
21. 山西 純, 小林 信明, 三神 直人, 原田 寛子, 鄭 慶鎬, 片倉 誠悟, 木村 泰浩, 寺西 周平, 須藤 成人, 篠田 雅宏, 下川路 伊亮, 新海 正晴, 築地 淳, 工藤 誠, 金子 猛:慢性進行性肺アスペルギルス症の診断における血清アスペルギルスガラクトマンナン抗原の有用性.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
22. 西連寺 悠, 小林 信明, 金井 亮憲, 青木 絢子, 新海 正晴, 工藤 誠, 小泉 晴美, 高橋 健一, 金子 猛:クリプトコッカス抗原陽性症例16例の臨床的検討.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
23. 青木 絢子, 小林 信明, 金井 亮憲, 西連寺 悠, 新海 正晴, 工藤 誠, 小泉 晴美, 高橋 健一, 金子 猛:当院において複数回のT-SPOT.TBが施行された症例の検討.第57回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2017,4.
24. 工藤 誠, 鄭 慶鎬, 片倉 誠悟, 平馬 暢之, 寺西 周平, 間邊 早紀, 小林 信明, 山本 昌樹, 金子 猛: 繰り返された加湿器肺の一例.第48回日本職業・環境アレルギー学会総会,2017,6.
25. 川野浩和,間邊早紀,神巻千聡1久保創介,原田寛子,三神直人,鄭 慶鎬,片倉誠悟,平馬暢之,寺西周平,小林信明,山本昌樹,工藤 誠,金子 猛:メソトレキセート関連リンパ増殖疾患(MTX-LPD)にサイトメガロウイルス(CMV)感染症を併発した一例.第227回日本呼吸器学会関東地方会,東京,2017,11.
26. 鮫島譲司,伊藤宏之,中山治彦,西井鉄平,大澤潤一郎,橋本昌憲,和田篤史,横瀬智之,山田耕三,益田宗孝:術前HRCTで病理学的浸潤径を予測する条件の検討.第117回日本外科学会定期学術集会,横浜,2017,4.
27. 伊坂哲哉,西井鉄平,伊藤宏之,中山治彦,益田宗孝:肺癌外科治療は進歩しているのか 外科治療による予後改善を評価する 根治切除後再発性肺腺癌の予後とEGFR遺伝子変異状況との関連性について.第117回日本外科学会定期学術集会,横浜,2017,4.
28. 菅野健児,西井鉄平,根本大士,乾 健二,益田宗孝:間質性肺炎合併肺癌における腫瘍径の検討.第34回日本呼吸器外科学会学術集会,福岡市,2017,5.
29. 根本大士,西井鉄平,菅野健児,乾健二,益田宗孝:肺がん術後乳糜胸の検討.第34回日本呼吸器外科学会学術集会,福岡,2017,5.
30. 西井鉄平,横瀬智之,宮城洋平,伊藤宏之,中山治彦:高齢者肺がんの遺伝子変異プロファイル解明の試み.第34回日本呼吸器外科学会学術集会,福岡,2017,5.
31. 足立広幸,西井鉄平,山本健嗣,永島琢也,安藤耕平,石川善啓,禹 哲漢,渡部克也,熊切 寛,坪井正博,前原孝光,中山治彦,益田宗孝:肺原発扁平上皮癌と腺癌は本当に“同じ肺癌”なのか?~早期肺癌術後症例の後方視的検討~第70回日本胸部外科学会定期学術集会,札幌,2017,9.
32. 安川美緒,西井鉄平,野間大督,乾健二:右肺癌術後5年を経過して発症した悪性胸膜中皮腫の1例.第8回JMIG研究会,横浜,2017,9.
33. 菅野健児,西井鉄平,根本大士,永島琢也,乾 健二,益田宗孝:胸腔内洗浄細胞診の検討.第58回肺癌学会学術集会,横浜,2017,10.
34. 石川善啓,伊坂哲哉,椎野王久,荒井宏雅,田尻道彦,西井鉄平,乾 健二,安藤耕平,斉藤志子,諸星隆夫,奥寺康司,益田宗孝:肺癌術後第2癌に対する手術成績の検討.第58回肺癌学会学術集会,横浜,2017,10.
35. 足立広幸,西井鉄平,山本健嗣,永島琢也,安藤耕平,石川善啓,禹 哲漢,渡部克也,熊切 寛,坪井正博,前原孝光,中山治彦,益田宗孝:腫瘍径4~5cm症例の術後補助化学療法はUFTでよいか? p-T2aN0M0(第7版)症例の後方視的検討.第58回肺癌学会学術集会,横浜,2017,10.
36. 安川美緒,西井鉄平,野間大督,乾健二:胸腔内感染症治療に対する手術例の検討.第79回日本臨床外科学会総会,横浜,2017,11.

研究助成金
1. 工藤 誠(代):気管支喘息における上皮間葉転換の発現機序に関する研究.平成27年度学術研究助成基金助成金基盤研究(C)(H27-31年度),50万円.

その他
1. 西井鉄平:低肺機能患者に対する肺癌手術とその工夫~最近の症例より~.平成29年度第1回南区医師会呼吸器疾患研修会(アストラゼネカ株式会社),横浜,2017,4.
2. 西井鉄平:BHD症候群における肺診療.第3回BHD交流会(横浜市立大学),横浜,2017,7.
3. 西井鉄平:呼吸困難の症例から学ぶ~COPDや気管支喘息との鑑別を要した症例より~.平成29年度第2回南区医師会呼吸器疾患研修会(アストラゼネカ株式会社),横浜,2017,11.