• トップバナー
  • お問い合わせ
  • 交通案内
  • HOME
  • 当センターの紹介
  • 一般向け情報
  • 講演会・イベント
  • 医療者向け情報

ホーム > 医療者向け情報 > 論文等業績 > 2013年 論文等業績

2013年 論文等業績

2017年2016年2015年2014年|2013年|2012年2011年2010年

原著論文 (症例報告を含む)
1. Horita N, Miyazawa N, Yoshiyama T, Sato T, Yamamoto M, Tomaru K, Masuda M, Tashiro K, Sasaki M, Morita S, Kaneko T, Ishigatsubo Y : Development and validation of a tuberculosis prognostic score for smear-positive in-patients in Japan. Int J Tuberc Lung Dis, 17(1): 54-60, 2013.
2. Takeda A, Sanuki N, Eriguchi T, Kaneko T, Morita S, Handa H, Aoki Y, Oku Y, Kunieda E : Stereotactic Ablative Body Radiation Therapy for Octogenarians With Non-Small Cell Lung Cancer. Int J Radiat Oncol Biol Phys, 86(2): 257-263, 2013.
3. Takahashi R, Sato T, Klinman DM, Shimosato T, Kaneko T, Ishigatsubo Y : Suppressive oligodeoxynucleotides synergistically enhance antiproliferative effects of anticancer drugs in A549 human lung cancer cells. Int J Oncol, 42(2): 429-436, 2013.
4. Horita N, Miyazawa N, Yoshiyama T, Tsukahara T, Takahashi R, Tsukiji J, Kato H, Kaneko T, Ishigatsubo Y : Decreased activities of daily living is a strong risk factor for liver injury by anti-Tuberculosis drugs. Respirology, 18(3): 474-479, 2013.
5. Watanabe K, Shinkai M, Goto H, Yoshikawa S, Yamaguchi N, Hara Y, Shinoda M, Moriyama Y, Rubin BK, Ishigatsubo Y, Kaneko T :Chemotherapy with carboplatin and paclitaxel after failure of primary chemotherapy for advanced thymic carcinoma. A report of three cases and review of the literature.Tumori, 99(4):e172-e176, 2013.
6. Takeda A, Sanuki N, Eriguchi T, Enomoto T, Yokosuka T, Kaneko T, Handa H, Aoki Y, Oku Y, Kunieda E : Salvage stereotactic ablative irradiation for isolated postsurgical local recurrence of lung cancer. Ann Thorac Surg, 96(5): 1776-1782, 2013.
7. Horita N, Miyazawa N, Morita S, Kojima R, Kimura N, Kaneko T, Ishigatsubo Y:Preoperative chemotherapy is effective for stage III resectable non-small-cell lung cancer : metaanalysis of 16 trials. Clin Lung Cancer, 14(5):488-494, 2013.
8. Horita N, Miyazawa N, Morita S, Kojima R, Kimura N, Kaneko T, Ishigatsubo Y :Long-acting beta-agonists reduce mortality of patients with severe and very severe chronic obstructive pulmonary disease: a propensity score matching study. Respir Res, 14: 62, 2013.
9. Horita N, Miyazawa N, Yoshiyama T, Kojima R, Omori N, Kaneko T, Ishigatsubo Y : Poor performance status is a strong predictor for death in patients with smear-positive pulmonary TB admitted to two Japanese hospitals. Trans R Soc Trop Med Hyg, 107(7): 451-456, 2013.
10. Horita N, Miyazawa N, Kojima R, Kimura N, Inoue M, Ishigatsubo Y, Kaneko T : Sensitivity and specificity of the Streptococcus pneumoniae urinary antigen test for unconcentrated urine from adult patients with pneumonia: a meta-analysis. Respirology, 18(8): 1177-83, 2013.
11. Horita N, Yomota M, Sasaki M, Morita S, Shinkai M, Ishigatsubo Y, Kaneko T :Evaluation of the chronic obstructive pulmonary disease assessment test in Japanese outpatients. Clin Respir J, 2013 Oct 17. doi: 10.1111/crj.12062.
12. Okano Y, Nezu U, Enokida Y, Lee MT, Kinoshita H, Lezhava A, Hayashizaki Y, Morita S, Taguri M, Ichikawa Y, Kaneko T, Natsumeda Y, Yokose T, Nakayama H, Miyagi Y, Ishikawa T:SNP (-617C>A) in ARE-like loci of the NRF2 gene: a new biomarker for prognosis of lung adenocarcinoma in Japanese non-smoking women. PLoS One, 8(9): e73794, 2013.
13. Watanabe K, Shinkai M, Yamaguchi N, Shinoda M, Hara Y, Ishigatsubo Y, Kaneko T : Mycobacterium shinjukuense lung disease that was successfully treated with antituberculous drugs. Intern Med, 52(23): 2653-5, 2013.
14. Watanabe K, Shinkai M, Nagai K, Yamaguchi N, Ishigatsubo Y, Kaneko T : PET/CT findings for bone marrow carcinosis because of lung adenocarcinoma. J Thorac Oncol, 8(11): 1456-1457, 2013.
15. Yamamoto M, Manabe S, Moriyama Y, Ishii H, Tanaka S, Takahashi R, Tomaru K, Kobayashi N, Kudo M, Sasaki M, Inayama Y, Kaneko T, Ishigatsubo Y : Long-term remission achieved via combined chemotherapy and radiotherapy in a non-resectable granulocyte colony-stimulating factor producing pleomorphic carcinoma of the lung. Intern Med, 52(19): 2259-2263, 2013.
16. 伊藤 俊介, 三科 圭, 佐藤 千春, 黒崎 裕一郎, 平居 義裕, 安藤 耕平, 渡部 克也, 外岡 暁子, 植草 利公, 金子 猛 : 先行した気胸発症時には診断が困難であった悪性胸膜中皮腫の1例. 日本気胸・囊胞性肺疾患学会雑誌, 13(1): 25-30, 2013.
17. 永島 琢也, 田尻 道彦, 菅野 健児, 小島 陽子, 鮫島 譲司, 石川 善啓, 大森 隆広, 益田 宗孝: 間質性肺炎を合併した気胸手術症例の検討.日本呼吸器外科学会雑誌,27(1),11-16, 2013.
18. 鮫島 譲司, 田尻 道彦, 大森 隆広, 永島 琢也, 小島 陽子, 益田 宗孝: 短期間で急速に増大した中皮嚢胞の一例. 日本呼吸器外科学会雑誌, 27(2) ,218-221,2013.
19. 永島 琢也, 田尻 道彦, 鮫島 譲司, 石川 善啓, 大森 隆広, 益田 宗孝: 部分肺静脈還流異常を伴う結節性肺病変に対し完全胸腔鏡下右肺上葉切除を行った1例. 日本内視鏡外科学会雑誌, 18(3),363-368,2013.
20. 原 悠, 新海 正晴, 山口 展弘, 戸田 万里子, 川名 明彦, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : IgG4関連疾患と多中心性Castleman病の鑑別を要しステロイドが奏効した胸膜・リンパ節炎の1例. 日本呼吸器学会誌, 2(5): 544-549, 2013.
21. 森山 雄介, 渡邉 恵介, 新海 正晴, 後藤 秀人, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 片側性多発脳神経障害(Garcin症候群)を契機に発見され化学療法により神経症状の改善を得た小細胞肺がんの1例. 肺癌, 53(6): 755-759, 2013.

総説
1. 西村 正治, 平井 豊博, 金子 猛, 別役 智子: 欧米と本邦のCOPD患者:類似点と相違点‐疫学から治療に至るまで‐. COPD Selected Papers, 4(4), 2013.
2. 橋本 修, 玉置 淳, 金子 猛, 瀬戸口 靖弘: JRS COPDガイドラインの臨床応用. COPD Selected Papers , 4(Suppl) , 2013.
3. 新海 正晴:嚢胞性線維症におけるマクロライド療法. 呼吸器内科, 24(4): 343-352, 2013.
4. 坪井 正博, 椎野 王久, 永島 琢也, 山本 健嗣, 益田 宗孝: 【リンパ節転移と郭清-癌腫別の意義】 非小細胞肺癌におけるリンパ節郭清の意義. 外科,75(7):713-718,2013.

著書
1. 金子 猛:医学のあゆみ‐呼吸器疾患‐「気管・気管支損傷」. 医歯薬出版株式会社, 453-455, 2013.
2. 新海 正晴, 金子 猛:がん化学療法クリティカルポイント対応マニュアル「薬剤性肺障害(間質性肺炎など)予防、診断、管理」.じほう,152-166, 2013.

学会等発表
<シンポジウム・教育講演>
1. 金子 猛 :シンポジウム7「粘液化分泌の病態と治療標的」. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
2. 金子 猛 :International Symposium「The regulaition of Mucus clearance in airway diseases 」.第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
3. 金子 猛 :閉塞性肺疾患:COPDの病態研究と治療の進歩. 日本呼吸器学会主催 第34回(1)生涯教育講演会, 東京, 2013, 4.
4. 金子 猛 :閉塞性肺疾患:COPDの病態研究と治療の進歩. 日本呼吸器学会主催 第34回(2)生涯教育講演会, 仙台, 2013, 11.
5. Shinkai M: Congress Symposium 「Potential of Heme oxygenage(HO)-1 in COPD」. 18th Asian Pacific Society of Respirology. Yokohama, 2013, 11.
<一般発表>
6. Hara Y, Shinkai M, Nagai K, Hashimoto Y, Shinoda M, Misawa K, Watanabe K, Kawano S, Fujikura Y, Yamaguchi N, Yoshikawa S, Kanoh S, Ishigatsubo Y, Kaneko T, Kawana A : Carboxyhemoglobin In Interstitial Lung Disease Patients. Philadelphia, 2013, 5.
7. Hashimoto Y, Shinkai M, Nagai K, Hara Y, Shinoda M, Watanabe K, Yamaguchi N, Yoshikawa S, Nishio T, Inoue S, Kudo M, Sasaki M, Ishigatsubo Y, Kaneko T : An ELISA Method For Measuring Serum Heme Oxygenase-1(HO-1). Philadelphia, 2013, 5.
8. Kato H, Higa R, Sano K, Samukawa S, Ueda A, Kaneko K, Ishigatsubo Y:Clinically derived ESBL producing strains in bacteremia and upper urinary infection: genotyping and antibiotic selection. 28th International Congress of Chemotherapy and Infection, Yokohama, 2013, 6.
9. Kato H, Higa R, Samukawa S, Ueda A, Kaneko K, Ishigatsubo Y: Procalcitonin Is More Sensitive Than Endotoxin for Screening of Bacteremia and ICU Admission. IDweek2013. San Francisco, 2013, 10.
10. 原 悠, 新海 正晴, 千先 康二, 上部 泰秀, 小林 大晋, 牟田 直, 大川 貴司, 川久保 高, 竪山 綾子, 江崎 亮子, 清水 明子, 小野 智実, 池田 宮子, 林 雪絵, 海端 菜穂子, 濱崎 春美, 川名 明彦, 金子 猛 : 健常隊員での血清ヘムオキシゲナーゼIの検討. 第58回防衛衛生学会, 東京, 2013, 1.
11. 椎野 王久, 原田 浩, 池 秀之, 今田 敏夫, 大島 貴, 湯川 寛夫, 利野 靖, 益田 宗孝: 胃癌周術期に高CEA血症を呈し診断に難渋した甲状腺髄様癌の1例. 第85回日本胃癌学会総会, 大阪, 2013,2.
12. 平馬 暢之, 渡邉 恵介, 新海 正晴, 吉川 純子, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 原 悠, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 宮下 明, 伊藤 優, 戸田 万里子, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 石ヶ坪良明, 金子 猛 : 80歳以上の超高齢者小細胞肺癌患者に対するCBDCA+VP-16の有用性と認容性に関する検討. 第203回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2013, 2.
13. 田代 研, 浅井 偉信, 星野 昌子, 福田 勉, 瀧井 孝敏, 大楠 泰生, 和田 篤, 金子 猛 : 好酸球性心筋炎を合併した慢性好酸球性肺炎の1例. 第594回日本内科学会関東地方会, 東京, 2013, 2.
14. 長谷川 佳子, 小林 信明, 掛川 早紀, 森山 雄介, 石井 宏志, 田中 信哲, 都丸 公二, 山本 昌樹, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 金子 猛, 服部 友歌子, 山崎 悦子, 石ヶ坪良明 : 再生不良性貧血に合併した原発性肺腺癌に対し全身化学療法を行った1例. 第203回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2013, 2.
15. 原田 浩, 椎野 王久, 片山 雄介, 樋口 晃生, 池 秀之, 今田 敏夫, 湯川 篤夫, 大島 貴, 利野 靖, 益田 宗孝: 胃癌腰椎転移により急速に下肢の麻痺が進行した1例. 第85回日本胃癌学会総会, 大阪, 2013,2.
16. 加藤 英明, 比嘉 令子, 寒川 整, 上田 敦久, 石ヶ坪 良明, 佐野 加代子: 当院におけるメタロβラクタマーゼ産生菌の検出状況. 第73回神奈川感染症医学会, 横浜, 2013, 3. 
17. 橋本 佑輔, 吉川 純子, 新海 正晴, 渡邉 恵介, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 原 悠, 長井 賢次郎, 太田 真一郎, 戸田 万里子, 伊藤 優, 宮下 明, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : プロカルシトニン(PCT)異常高値を示したにも関わらず軽快の転機をたどった肺炎球菌肺炎の一例. 第73回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2013, 3.
18. 都丸 公二, 間鍋 早紀, 森山 雄介, 石井 宏志, 田中 信哲, 堀田 信之, 高橋 良平, 塚原 利典, 増田 誠, 小林 信明, 山本 昌樹, 工藤 誠, 宮沢 直幹, 佐々木 昌博, 金子 猛, 石ヶ坪 良明 : 過敏性肺臓炎型陰影を呈したMycobacterium aviumとMycobacterium abscessus肺感染症の1例. 第73回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2013, 3.
19. 岡本 浩直, 田尻 道彦, 小島 陽子, 石川 善啓, 永島 琢也, 大森 隆広, 益田 宗孝:末梢性肺動脈瘤の一手術例. 第161回日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 群馬, 2013,3.
20. 寒川 整, 比嘉 令子, 加藤 英明, 上田 敦久, 白井 輝, 石ヶ坪 良明:当院におけるprimary HIV infectionの12症例.第73回神奈川感染症医学会, 横浜,2013,3.
21. 原 悠, 新海 正晴, 叶 宗一郎, 橋本 壮志, 吉川 純子, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 渡邉 恵介, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 藤倉 雄二, 河野 修一, 三沢 和央, 川名 明彦, 橋本 悟, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 間質性肺炎急性増悪における新規バイオマーカー(血清Heme oxygenase-1)の検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
22. 原 悠, 新海 正晴, 千先 康二, 上部 泰秀, 川名 明彦, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 喫煙による血清ヘムオキシゲナーゼ1の変動に関する検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
23. 原 悠, 新海 正晴, 叶 宗一郎, 藤倉 雄二, 河野 修一, 三沢 和央, 吉川 純子, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 渡邉 恵介, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 石ヶ坪 良明, 金子 猛, 川名 明彦 : びまん性肺疾患における動脈血カルボキシヘモグロビン値の検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
24. 原 悠, 新海 正晴, 吉川 純子, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 渡邉 恵介, 坪井 正博, 川名 明彦, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 高齢者未治療IIIB/IV期・術後再発非扁平上皮非小細胞肺癌患者に対するCBDCA+Pemetrexed併用療法後のPemetrexed単剤による維持療法の検討. 第110回日本内科学会講演会, 東京, 2013, 4.
25. 長井 賢次郎, 篠田 雅宏, 山口 展弘, 新海 正晴, 橋本 佑輔, 太田 真一郎, 渡邉 恵介, 原 悠, 吉川 純子, 戸田 万里子, 伊藤 優, 宮下 明, 佐々木 昌博, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 胸水中EGFR exon 20 T790M耐性遺伝子変異陰転化を確認した肺腺癌の臨床像. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
26. 橋本 佑輔, 井上 依子, 西尾 知子, 新海 正晴, 渡邉 恵介, 原 悠, 吉川 純子, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 長井 賢次郎, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 血清におけるHeme oxygenase-I測定法の改良. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
27. 渡邉 恵介, 新海 正晴, 吉川 純子, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 原 悠, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 佐々木 昌博, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 胸部CT所見で結節性気管支拡張型の肺NTM症が疑われ、気管支鏡検査を施行した症例の検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
28. 峯下 昌道, 鹿間 裕介, 中島 宏昭, 西平 隆一, 小松 茂, 久保田 勝, 小林 弘祐, 國分 二三男, 新海 正晴, 金子 猛, 宮澤 輝臣 : COPD 治療 COPD患者におけるサルメテロール・フルチカゾン配合剤の有用性に関する多施設共同研究. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
29. 長倉 秀幸, 西川 正憲, 草野 暢子, 八子 誠太郎, 渡邊 弘樹, 吉本 昇, 城戸 泰洋, 斉藤 真梨, 森田 智視, 金子 猛, 石ヶ坪 良明 : 藤沢市個別検発見非小細胞肺癌の予後に及ぼす能動喫煙の影響. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
30. 石井 宏志, 小林 信明, 森山 雄介, 掛川 早紀, 田中 信哲, 都丸 公二, 山本 昌樹, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 金子 猛, 石ヶ坪 良明 : 肺結核治療におけるリファンピシン後発薬の安全性の検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
31. 黒田 英世, 伊藤 優, 小澤 聡子, 渡邉 恵介, 高木 重人, 天野 宏子, 川井 孝子, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 高齢者入院肺炎症例の検討. 第53回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2013, 4.
32. 名和田紘子, 篠田雅宏, 新海正晴, 吉川純子, 山口展弘, 都丸公二, 原 悠, 三科 圭, 渡邉恵介, 長井賢次郎, 橋本佑輔, 太田真一郎, 戸田万里子, 宮下 明, 工藤 誠, 佐々木昌博, 石ヶ坪良明, 金子 猛 : 多発肝転移を認めcrizotinibが転移巣に対しても著効したALK融合遺伝子陽性肺癌の3例. 第204回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2013, 5.
33. 加藤 英明, 寒川 整, 比嘉 令子, 上田 敦久, 石ヶ坪 良明: 多発下腿膿瘍に続発したESBL産生クレブシエラによる無痛性フルニエ壊疽の一例. 第87回日本感染症学会学術講演会, 横浜, 2013, 6.
34. 渡邉 恵介, 西井 鉄平, 新海 正晴, 荒井 宏雅, 山口 展弘, 篠田 雅宏, 吉川 純子, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 佐々木 昌博, 坪井 正博, 乾 健二, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 超音波気管支鏡下針生検が有用であった迷走神経気管支枝由来の肺内神経鞘腫の1例. 第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 埼玉, 2013, 6.
35. 渡邊 勇人, 坪井 正博, 椎野 王久, 永島 琢也, 乾 健二, 橋本 佑輔, 長井 堅次郎, 渡邉 恵介, 三科 圭, 篠田 雅宏, 都丸 公二, 山口 展弘, 新海 正晴, 金子 猛, 益田 宗孝 : 核出し得た中心型肺良性腫瘍の1例. 第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 埼玉, 2013, 6.
36. 石井 宏志, 山本 昌樹, 上田 敦久, 加藤 英明, 小林 信明, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 金子 猛, 石ヶ坪 良明: HIV感染症への抗ウイルス療法と進行期肺腺癌へペメトレキセドによる導入および維持化学療法が奏功した一例. 第87回日本感染症学会学術講演会, 横浜, 2013, 6.
37. 鮫島 譲司, 田尻 道彦, 大森 隆広, 永島 琢也, 小島 陽子, 益田 宗孝: 胸腔内結石を摘出した4例. 第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 埼玉, 2013,6.
38. 大森 隆広, 小島 陽子, 石川 善啓, 永島 琢也, 田尻 道彦, 益田 宗孝: 左B1+2分岐異常を伴う左肺腫瘍の1切除例. 第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 埼玉, 2013,6.
39. 吉井 沙織, 篠田 雅宏, 新海正晴, 山口 展弘, 都丸 公二, 永島 琢也, 椎野 王久, 三科 圭, 渡邉 恵介, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 渡邊 勇人, 戸田 万里子, 宮下 明, 坪井 正博, 乾 健二, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 著明な気道狭窄を認めた腺様嚢胞癌の一例. 第205回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2013, 7.
40. 渡邊 勇人, 坪井 正博, 椎野 王久, 永島 琢也, 乾 健二, 橋本 佑輔, 長井 堅次郎, 渡邉 恵介, 三科 圭, 篠田 雅宏, 都丸 公二, 山口 展弘, 新海 正晴, 金子 猛, 益田 宗孝: 核出し得た中心型肺良性腫瘍の1例.第146回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会, 東京, 2013, 9.
41. 長島 哲理, 都丸 公二, 新海 正晴, 山口 展弘, 篠田 雅弘, 三科 圭, 渡邉 恵介, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 石ヶ坪 良明, 金子 猛 : 胸腺小細胞癌と原発性肺腺癌の同時重複の一例. 第207回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2013, 11.
42. 渡邊 弘樹, 西川 正憲, 草野 暢子, 長倉 秀幸, 青木 絢子, 金子 猛, 石ヶ坪 良明 : オシレーション法(モストグラフ)を用いた閉塞性肺疾患における可逆性気流制限の臨床的検討. 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会, 東京, 2013, 11.
43. 渡部 克也, 五来 厚生, 足立 広幸, 安藤 耕平, 永島 琢也, 西井 鉄平, 高橋 航, 山本 健嗣, 山仲 一輝, 熊切 寛, 坪井 正博, 益田 宗孝: I期肺癌に対する縮小手術の予後と再発部位の検討. 第54回日本肺癌学会総会, 東京, 2013,11.

研究助成金
1. 金子猛(分担者):腎肺クロストークを介した人工呼吸器誘発性腎障害のメカニズム解明(2012-2013), 文部科学省科学研究費, 基盤研究(C),689万(30万).