• トップバナー
  • お問い合わせ
  • 交通案内
  • HOME
  • 当センターの紹介
  • 一般向け情報
  • 講演会・イベント
  • 医療者向け情報

ホーム > 医療者向け情報 > 論文等業績 > 2014年 論文等業績

2014年 論文等業績

2017年2016年2015年|2014年|2013年2012年2011年2010年

原著論文 (症例報告を含む)
1. Fujikura Y, Kawano S, Kouzaki Y, Shinoda M, Hara Y, Shinkai M, Kanoh S, Kawana A: The (H1N1) 2009 pandemic influenza pneumonia among adult patients in Japan. Jpn J Infect Dis, 67(2): 100-104, 2014.
2. Tanabe T, Shimokawaji T, Kanoh S, Rubin BK: IL-33 stimulates CXCL8/IL-8 secretion in goblet cells but not normally differentiated airway cells. Clin Exp Allergy, 44(4): 540-552, 2014.
3. Horita N, Yomota M, Sasaki M, Morita S, Shinkai M, Ishigatsubo Y, Kaneko T: Evaluation of the chronic obstructive pulmonary disease assessment test in Japanese outpatients. Clin Respir J, 8(2): 213-9, 2014.
4. Horita N, Miyazawa N, Morita S, Kojima R, Inoue M, Ishigatsubo Y, Kaneko T. Evidence suggesting that oral corticosteroids increase mortality in stable chronic obstructive pulmonary disease. Respir Res,15:37,2014. doi: 10.1186/1465-9921-15-37.
5. Horita N, Miyazawa N, Kojima R, Inoue M, Ishigatsubo Y, Ueda A, Kaneko T. Statins reduce all-cause mortality in chronic obstructive pulmonary disease: a systematic review and meta-analysis of observational studies. Respir Res,15:80,2014. doi: 10.1186/1465-9921-15-80.
6. Horita N, Miyazawa N, Morita S, Kojima R, Kimura N, Kaneko T, Ishigatsubo Y: Small, moderate, and large changes, and the minimum clinically important difference in the University of California, San Diego shortness of breath questionnaire. COPD 11: 26-32, 2014.
7. Fujikura Y, Kawano S, Kouzaki Y, Shinoda M, Hara Y, Shinkai M, Kanoh S, Kawana A: Mortality and severity evaluation by routine pneumonia prediction models among Japanese patients with 2009 pandemic influenza A (H1N1) pneumonia. Respir Investig, 52(5):280-287, 2014.
8. Mineshita M, Shikama Y, Nakajima H, Nishihira R, Komatsu S, Kubota M, Kobayashi H, Kokubu F, Shinkai M, Kaneko T, Miyazawa T : The application of impulse oscillation system for the evaluation of treatment effects in patients with COPD. Respir Physiol Neurobiol, 202:1-5,2014. doi: 10.1016/j.resp.2014.07.008.
9. Watanabe K, Shinkai M, Shinoda M, Hara Y, Yamaguchi N, Rubin BK, Ishigatsubo Y, Kaneko T: Measurement of eNO with portable analyser might improve the management of persistent cough at primary care practice in Japan. Clin Respir J, 2014 Oct 13. doi: 10.1111/crj.12228, 2014.
10. Watanabe K, Shinkai M, Shinoda M, Ishigatsubo Y, Kaneko T. Intrapulmonary schwannoma diagnosed with endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration: case report. Arch Bronconeumol, 50(11): 490-492, 2014.
11. Tsukiji J, Cho SJ, Echevarria GC, Kwon S, Joseph P, Schenck EJ, Naveed B, Prezant DJ, Rom WN, Schmidt AM, Weiden MD, Nolan A: Lysophosphatidic acid and apolipoprotein A1 predict increased risk of developing World Trade Center-lung injury: a nested case-control study. Biomarkers,19(2):159-65, 2014. doi: 10.3109/1354750X.2014.891047.
12. Cho SJ, Echevarria GC, Lee YI, Kwon S, Park KY, Tsukiji J, Rom WN, Prezant DJ, Nolan A, Weiden MD: YKL-40 is a Protective Biomarker for Fatty Liver in World Trade Center Particulate Matter-Exposed Firefighters. J Mol Biomark Diagn. 5: 2014. doi:10.4172/2155-9929.1000174.
13. 田尻 道彦, 大森 隆広, 永島 琢也, 石川 善啓, 三ツ堀 隼弘:多数回再発気胸に対する治療 当センターにおける自然気胸術後再発に対する手術症例の検討. 日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌, 14(1):46-50, 2014.
14. 椎野 王久, 三ツ堀 隼弘, 坪井 正博, 乾 健二, 益田 宗孝:嚢胞性変化を伴う肺脂肪腫性過誤腫の1切除例. 日本呼吸器外科学会雑誌, 28(4):521-525, 2014.
15. 高橋 良平, 牛尾 良太, 森山 雄介, 柴田 祐司, 石井 宏志, 渡邉 恵介, 山本 昌樹, 佐藤 隆, 工藤 誠, 金子 猛, 石ヶ坪 良明:妊婦肺結核5症例の臨床的検討. 横浜医学, 65(4):559-563, 2014.
16. 太田 真一郎, 原 悠, 新海 正晴, 渡邉 恵介, 稲山 嘉明, 金子 猛:5年間生存し末期に急激な病勢の進行を認め多臓器転移をきたした胸膜中皮腫の1剖検例. 日本呼吸器学会誌, 3(6):800-804, 2014.

総説
1. 金子 猛:【COPDの最新情報】 (Topics 6)増悪に関する最新の知見. 日本呼吸器学会誌, 3(3):352-357, 2014.
2. 金子 猛:COPDにおける地域医療連携の構築方法. COPDトータルマネージメント, 2(3): 4, 2014.
3. 金子 猛:呼吸器内科~命にかかわる臓器。最新の注意が必要!~. みんなの家庭の医学, 6: 66-68, 2014.
4. 築地 淳, 金子 猛:【もう迷わない、困らない 外来診療の正しい抗菌薬の選び方】~ 外来診療の視点からみる慢性呼吸器感染症~外来における慢性呼吸器感染症の治療と管理の実際. 感染と抗菌薬, 17(2):146-151, 2014.
5. 堀田 信之, 金子 猛:注目の新薬 喘息治療配合剤 フルティフォーム. 診断と治療, 102(11):1737-1740, 2014.
6. 堀田 信之, 金子 猛:【COPDを改めて問う】 卒COPD COPD病名の限界と新展開. THE LUNG-perspectives, 22(2):175-179, 2014.

著書
1. 金子 猛:今日の治療指針(ニューモシスチス症). 医学書院, 241-242, 2014.
2. 金子 猛:呼吸器疾患文献レビュー. 秀潤社, 72-86, 2014.
3. 山本 昌樹, 金子 猛: 呼吸器疾患診療最新ガイドライン「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」. 総合医学社, 177-184, 2014.
4. 加藤英明(訳著),岡秀昭(監訳),本郷偉元(監修).:感染症プラクティス 72症例で鍛える診断・治療力.メディカル・サイエンス・インターナショナル,47-119, 2014.
5. 加藤英明,岩田健太郎:今日の診療サポート「侵襲性アスペルギルス症」.エルセヴィア・ジャパン, 2014 (up date).(webテキスト, https://clinicalsup.jp )

学会発表
1. Shinoda M, Shinkai M, Mishina K, Nagai K, Hashimoto Y, Ota S, Watanabe K, Hara Y, Tomaru K, Yamaguchi N, Negishi K, Inoue Y, Kudo M, Sasaki M, Ishigatsubo Y, Kaneko T : IL-13-Induced MUC5AC Expression And The Goblet Cell Hyperplasia Are Suppressed By Hemin-Induced Heme-Oxygenase 1 In Normal Human Bronchial Epithelial Cells Using Air-Liquid Interface. American Thoracic Society International Conference 2014, San Diego, 2014, 5.
2. Ota S, Shinkai M,, Tanaka Y, Hara Y , Yamaguchi N, Tomaru K, Masuda M, Tukahara T , Shinoda M , Mishina K, Watanabe K , Nagai K , Hashimoto Y, Watanabe H, Nagashima A, Toda M, Miyashita A, Shimokawaji T, Tsukiji J , Kudo M , Ishigatsubo Y, Usui K , Hayashizaki Y, Kaneko T:A study of association with type2 Aldehyde Dehydrogenase (ALDH2) genetic polymorphism and pulmonary emphysematous change, and clinical application of the Smart Amp method. American Thoracic Society International Conference 2014, San Diego, 2014, 5.
3. Kato H, Sosa H, Sugiyama Y, Kawahara H, Mori M, Kariya K, Ohtsuka M, Uchida K, Ishigatsubo Y, Kaneko T : Effect of Antimicrobial Stewardship Program (ASP) on Perioperative Antibiotic Use in Cardiovascular Surgery in Japanese Tertiary Hospital. IDweek 2014, Philadelphia, 2014, 10.
4. Kobayashi N, Shirota H, Ichiki Y, Sakasai K, Ichikawa Y, Kaneko T, Ishigatsubo Y: Poly T oligodeoxynucleotide inhibits tumor growth through inducing of IFN alpha production. American Association for Cancer Research Annual Meeting 2014,San Diego,2014,4.
5. Kwon S, Echevarria GC, Cho SJ, Tsukiji J, Rom WN, Prezant DJ, Schmidt AM, Weiden MD, Nolan A: Soluble RAGE, MMP-9 And CRP Are Predictive Of Particulate Matter Induced Lung Disease In WTC Exposed Firefighters. American Thoracic Society International Conference 2014, San Diego, 2014, 5.
6. Cho SJ, Echevarria GC, Kwon S, Naveed B, Schenck E, Tsukiji J, Rom WN, Prezant DJ, Nolan A, Weiden MD. One Airway: Biomarkers of Protection From Upper And Lower Airway Injury After World Trade Center Exposure. American Thoracic Society International Conference 2014, San Diego, 2014, 5.
7. 金子 猛:<シンポジウム> 慢性安定期のCOPD治療、今後の展開 喀痰調整薬、マクロライド、PDE4阻害薬など. 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
8. 新海正晴:日本医師会主催 男女共同参画企画 「呼吸器科医師支援の実践」神奈川県における呼吸器科医師増加のための企画~神奈川医学生胸部画像セミナー. 第208 回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2014,2.
9. 片倉誠悟, 長倉秀幸, 青木絢子, 渡邊弘樹, 草野暢子, 西川正憲, 高崎啓孝: 無痛性頸部腫瘤で発症した頸部縦隔腹部リンパ節結核の1例. 第26回藤沢市内科医学会, 藤沢市, 2014, 2.
10. 加藤英明, 杉山嘉史, 大河原愛, 廣瀬春香, 宗佐博子, 森 雅亮, 石ヶ坪良明, 金子 猛:遺伝子増幅で同定にいたったHelicobacter cinaedi菌血症の一例.第75回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2014,3.
11. 品田佳那子, 渡邉恵介, 篠田雅宏, 新海正晴, 山口展弘, 都丸公二, 原 悠, 三科 圭, 長井賢次郎, 橋本佑輔, 太田真一郎, 工藤 誠, 佐々木昌博, 石ヶ坪良明, 金子 猛:結節性気管支拡張型肺非結核性抗酸菌症疑い症例における気管支鏡検査の有用性の検討. 第75回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2014,3.
12. 永島 琢也:肺癌に対する低侵襲手術~アプローチと機能温存~.第17回横浜低侵襲手術研究会.横浜,2014,3.
13. 井上 美代, 堀田 信之, 小嶋 亮太, 石ヶ坪 良明, 金子 猛, 宮沢 直幹:スタチンが慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の生命予後を改善する メタ解析. 第111回日本内科学会総会, 東京, 2014, 4.
14. 牛尾 良太, 工藤 誠, 山本 昌樹, 森山 雄介, 石井 宏志, 木村 尚子, 高橋 良平, 小林 信明, 佐々木 昌博, 藤井 慶太, 荒井 宏雅, 新海 正晴, 金子 猛, 石ヶ坪 良明:気管支鏡検査時に拍動を認めたため診断に至った左肺底区動脈大動脈起始症の1例. 第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 京都, 2014, 4.
15. 小林 信明, 牛尾 良太, 森山 雄介, 石井 宏志, 木村 尚子, 高橋 良平, 山本 昌樹, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 金子 猛, 石ヶ坪 良明:尋常性乾癬に対するアダリムマブ投与により薬剤性肺障害を発症した2例. 第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 京都, 2014,4.
16. 篠田 雅宏, 新海 正晴, 井上 依子, 三科 圭, 山口 展弘, 都丸 公二, 原 悠, 渡邉 恵介, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 太田 真一郎, 工藤 誠, 佐々木 昌博, 石ヶ坪 良明, 金子 猛:正常ヒト気道上皮細胞におけるHO-1によるIL-13誘導MUC5AC発現および杯細胞過形成の抑制作用について. 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
17. 太田 真一郎, 新海 正晴, 田中 有希, 原 悠, 山口 展弘, 都丸 公二, 篠田 雅宏, 三科 圭, 渡邉 恵介, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 石ヶ坪 良明, 臼井 健悟, 金子 猛:2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)遺伝子多型と気腫性変化の有無との関連性の検討. 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
18. 原 悠, 新海 正晴, 橋本 壮志, 山口 展弘, 都丸 公二, 篠田 雅宏, 三科 圭, 渡邉 恵介, 長井 賢次郎, 橋本 佑輔, 太田 真一郎, 藤倉 雄二, 河野 修一, 叶 宗一郎, 川名 明彦, 石ヶ坪 良明, 橋本 悟, 金子 猛:急性呼吸窮迫症候群における血清heme oxygenase-1(HO-1)のバイオマーカーとしての有用性に関する検討. 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
19. 工藤 誠, 杉本 光太郎, 高橋 良平, 増田 誠, 森山 雄介, 牛尾 良太, 石井 宏志, 木村 尚子, 小林 信明, 山本 昌樹, 塚原 利典, 新海 正晴, 佐々木 昌博, 金子 猛, Sheppard Dean, 石ヶ坪 良明:気道過敏症におけるインテグリンβ6とその病態への関与(Integrin beta6 and its involvement in airway hyperreactivity). 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
20. 工藤 誠, Chen Chun, 増田 誠, 山本 昌樹, 森山 雄介, 牛尾 良太, 石井 宏志, 木村 尚子, 高橋 良平, 小林 信明, 塚原 利典, 新海 正晴, 佐々木 昌博, 金子 猛, Sheppard Dean, 石ヶ坪 良明:気道過敏症におけるインテグリンα9とその病態への関与(Integrin alpha9 and its involvement in airway hyperreactivity). 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
21. 工藤 誠, 牛尾 良太, 小林 信明, 森山 雄介, 増田 誠, 石井 宏志, 木村 尚子, 高橋 良平, 山本 昌樹, 塚原 利典, 新海 正晴, 佐々木 昌博, 金子 猛, Sheppard Dean, 石ヶ坪 良明:IL-17は気道平滑筋収縮をPKC-aの活性化を介して調節する(IL-17 regulates airway smooth muscle contraction through PKC-a activation). 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
22. 長倉 秀幸, 西川 正憲, 草野 暢子, 渡邊 弘樹, 青木 絢子, 金子 猛, 石ヶ坪 良明:非小細胞肺癌に対するプラチナ製剤/TS-1併用化学療法の臨床的検討. 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 大阪, 2014, 4.
23. 青木絢子, 渡邊弘樹, 長倉秀幸, 草野暢子, 西川正憲. COPD・喘息合併クイックチェックからみたCOPDと喘息合併の可能性: 第111回日本内科学会総会講演会, 東京, 2014, 4.
24. 渡邊 弘樹, 西川 正憲, 草野 暢子, 長倉 秀幸, 青木 絢子, 金子 猛, 石ヶ坪 良明:喘息・COPD合併患者におけるスパイロメトリーとモストグラフ測定の意義. 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 京都, 2014, 5.
25. 中村和子, 佐野遥, 若松美智子, 守田亜希子, 松倉節子, 加藤英明, 蒲原毅.カンピロバクター感染症により蜂窩織炎から敗血症に至った一例.P56-6.第113回日本皮膚科学会総会,京都.2014, 5.
26. 青木 絢子, 西川 正憲, 草野 暢子, 長倉 秀幸, 渡邊 弘樹, 金子 猛, 石ヶ坪 良明:喘息悪化の関わる合併症・COPD 60歳以上の喘息・COPD患者における合併クイックチェックの有用性. 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 京都, 2014, 5.
27. 室橋光太, 三科 圭, 新海正晴, 山口展弘, 永嶋琢也, 都丸公二, 篠田雅宏, 原  悠, 椎野王久, 渡邉恵介, 長井賢次郎, 橋本佑輔, 太田真一郎, 工藤 誠, 佐々木昌博, 坪井正博, 乾 健二, 石ヶ坪良明, 金子 猛: ALK阻害剤を含む化学療法後にEGFR遺伝子変異陽性が確認されEGFR-TKIを使用したALK陽性肺腺癌の1例. 第209回日本呼吸器学会関東地方会, 千葉, 2014, 5.
28. 永島 琢也, 椎野 王久, 坪井 正博, 乾 健二, 安藤 耕平, 足立 広幸, 石川 善啓,熊切 寛, 高橋 航, 西井 鉄平, 藤井 慶太, 山本 健嗣, 山仲 一輝, 渡部 克也, 禹 哲漢, 益田 宗孝:要望演題.臨床病期I 期肺癌(5cm 以下)に対する肺葉切除症例におけるアプローチ別予後・再発形式の検討.第31回日本呼吸器外科学会,東京,2014,5.
29. 永島 琢也, 坪井 正博, 西井 鉄平, 椎野 王久, 荒井 宏雅, 山本 健嗣, 益田 宗孝:要望演題.横浜市立大学外科治療学教室(YCTS グループ)としての呼吸器外科医専門教育への関わり.第31回日本呼吸器外科学会,東京,2014,5.
30. 上田敦久,白井輝,加藤英明,比嘉令子,寒川整,石ヶ坪良明:横浜市立大学附属病院における抗HIV薬スタリビルドの使用経験. 第88回日本感染症学会学術講演会,福岡,2014, 6.
31. 小林 信明, 石井 宏志, 高橋 良平, 山本 昌樹, 工藤 誠, 上田 敦久, 金子 猛, 石ヶ坪 良明, 安田 さおり, 佐々木 昌博:結核診断におけるT-SPOT.TBの有用性の検討. 第88回日本感染症学会学術講演会, 福岡, 2014, 6.
32. 小林 信明, 石井 宏志, 高橋 良平, 山本 昌樹, 工藤 誠, 上田 敦久, 金子 猛, 石ヶ坪 良明:結核診断におけるT-SPOT.TBの有用性の検討. 第61回日本化学療法学会総会, 横浜, 2014, 6.
33. 加藤 英明, 森 雅亮, 大河原 愛, 杉山 嘉史, 松本 裕子, 石ヶ坪 良明, 金子 猛:Nocardia novaによる膿胸・菌血症の一例. 第61回日本化学療法学会総会, 横浜, 2014, 6.
34. 加藤 英明, 森 雅亮, 杉山 嘉史, 石ヶ坪 良明, 金子 猛:MRSA菌血症8症例のダプトマイシン感受性と選択薬剤の検討. 第61回日本化学療法学会総会, 横浜, 2014, 6.
35. 宗佐博子,加藤英明,森雅亮: 当院におけるCandida血症に関する検討と課題,P2-120.第62回日本化学療法学会学術講演会,福岡,2014, 6.
36. 原弘士,臼田誠,永井徹,加藤英明: 当院におけるPIPC/TAZ注の使用状況,P3-022,第62回日本化学療法学会学術講演会,福岡,2014, 6.
37. 菅野 健児, 椎野 王久, 永島 琢也, 坪井 正博, 乾 健二, 益田 宗孝:胸腔鏡下転移性肺腫瘍術後にポートサイト再発をきたした1例. 第165回日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 横浜, 2014, 6.
38. 原 健太朗, 井元 清隆, 内田 敬二, 輕部 義久, 安恒 亨, 安田 章沢, 松木 佑介, 乾 健二, 益田 宗孝:ステントグラフト内挿術を施行した感染性腕頭動脈瘤の一例. 第165回日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 横浜, 2014, 6.
39. 田邉浩紹, 篠田雅宏, 新海正晴, 増田 誠, 塚原利典, 三科 圭, 長井賢次郎,渡邊弘樹, 長島哲理, 太田真一郎, 原  悠, 田中恭子, 戸田万里子, 宮下 明, 下川路伊亮, 築地 淳,工藤 誠, 石ヶ坪良明, 金子 猛: 関節リウマチ患者に中枢気道病変を認めた1例. 第210 回日本呼吸器学会関東地方会,東京, 2014,7.
40. 小林 信明, 石井 宏志, 工藤 誠, 金子猛, 市川 靖史, 石ヶ坪良明:がん患者におけるT-SPOT.TBを用いた潜在性結核感染症の診断. 第12回日本臨床腫瘍学会,福岡,2014,7.
41. 加藤英明, 宗佐博子, 河原春代, 杉山嘉史, 森 雅亮, 金子 猛:三次医療施設における感染症専従医新規採用後のコンサルテーション数と抗菌薬使用状況の変化. 第76回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2014,9.
42. 加藤 愛, 須田昭子, 渡邉俊幸, 大野 滋, 加藤英明, 石ヶ坪良明:結節性動脈周囲炎に合併したノカルジア胸膜炎の一例. 第76回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2014,9.
43. 宮川秀一, 渡邊弘樹, 篠田雅宏, 新海正晴, 長島哲理, 太田真一郎, 長井賢次郎, 三科 圭, 加藤英明, 塚原利典, 増田 誠, 原 悠, 下川路伊亮, 築地 淳, 工藤 誠, 石ヶ坪良明, 金子 猛:胸腺腫の治療経過中に重篤な感染症を併発したGood症候群の一例. 第76回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2014, 9.
44. 伊波勇輝, 松本憲二, 板橋めぐみ, 石井好美, 沼田 歩,山本渉, 本橋賢治, 萩原真紀, 加藤英明, 築地淳, 藤澤信, 石ヶ坪良明:Methicillin-resistant Staphylococcus aureus(MRSA)敗血症の治療に難渋した急性骨髄性白血病の一例.第76回神奈川県感染症医学会, 横浜, 2014, 9.
45. 永井 秀人, 伊藤 俊輔, 田代 研, 星野 昌子, 福田 勉, 瀧井 孝敏, 川崎 理加, 金子 猛:間質性肺炎の経過観察中に合併した成人発症型周期性好中球減少症の1例. 第608回日本内科学会関東地方会, 東京, 2014, 9.
46. 池田 秀平, 椿原 基史, 須藤 成人, 小嶋 亮太, 後藤 秀人, 金子 猛:傍胸椎体部に腫瘤状に進展したアミロイドーシスの1剖検例. 第608回日本内科学会関東地方会, 東京, 2014, 9.
47. 加藤英明,宗佐博子,築地淳,石ヶ坪良明: 失語・構音障害で発症したメトロニダゾール誘発性脳症の2例とそのMRI像.第61回日本化学療法学会東日本支部総会,東京,2014, 10.
48. 深瀬史江,後藤秀人,加藤英明, 菊地龍明.院内感染、アウトブレイクが現実になってしまったら~多剤耐性緑膿菌:2つのアウトブレイクと職員の危機意識. 第68回国立病院総合医学会(シンポジウム23), 横浜,2014, 10.
49. 永島琢也, 椎野 王久, 乾健二, 田尻 道彦, 坪井 正博, 益田 宗孝:修練者から見た胸腔鏡下手術におけるアプローチ別の利点と欠点.第27回日本内視鏡外科学会,盛岡,2014,10.
50. 都丸公二, 井上美代, 堀田信之, 宮沢直幹, 石ヶ坪良明, 金子 猛: 喘鳴を伴う中枢性気道狭窄を呈した大腸癌の気管分岐部気管支転移の1例. 第212 回日本呼吸器学会関東地方会,横浜,2014, 11.
51. 高橋良平, 牛尾良太, 柴田祐司, 渡邉恵介, 石井宏志, 山本昌樹, 佐藤 隆,工藤 誠,石ヶ坪良明, 金子 猛: 当院で経験した妊娠合併肺結核の4 症例. 第212 回日本呼吸器学会関東地方会,横浜,2014, 11.
52. 池田美彩子, 山本昌樹, 牛尾良太, 柴田祐司, 森山雄介, 石井宏志, 渡邉恵介, 高橋良平, 佐藤 隆, 工藤 誠, 石ヶ坪良明, 金子 猛: 悪性心膜中皮腫の1 剖検例. 第212 回日本呼吸器学会関東地方会,横浜,2014, 11.
53. 古宮士朗, 下川路伊亮, 新海正晴, 永島琢也, 篠田雅宏, 増田 誠, 塚原利典, 椎野王久, 三科 圭, 長井賢次郎, 渡邊弘樹, 長島哲理, 児玉達哉, 田中恭子, 戸田万里子, 築地 淳, 工藤 誠, 石ヶ坪良明, 乾 健二, 金子 猛: 化学放射線療法後に食道胸腔瘻を来たした肺巨細胞癌の一剖検例. 第212 回日本呼吸器学会関東地方会,横浜, 2014, 11.
54. 滝澤弘樹, 伊藤俊輔, 田代 研, 星野昌子, 福田 勉, 瀧井孝敏, 佐野 厚,金子 猛: 左大殿筋転移を認めた上皮型悪性胸膜中皮腫の1例. 第212 回日本呼吸器学会関東地方会,横浜,2014,11.
55. 安藤 耕, 田尻 道彦, 大森 隆広, 稲福 賢司, 長澤 伸介, 福田 美緒, 菊池 章友, 足立 広幸, 永島 琢也, 西井 鉄平, 高橋 航, 山本 健嗣, 山仲 一輝, 渡部 克也, 熊切 寛, 益田 宗孝:Oligo Metastasisを伴う肺癌に対する原発巣切除の意義. 第55回日本肺癌学会学術集会, 京都, 2014, 11.
56. 加藤英明, 石井哲人, 上田敦久, 石ヶ坪良明. HIV診療を再開したエイズ診療拠点病院での患者受診状況と院内の受け入れに対する考察. 046-249, 第28回日本エイズ学会学術集会, 大阪, 2014, 12.
57. 上田 敦久, 白井 輝, 加藤 英明, 比嘉 令子, 寒川 整, 石ヶ坪 良明.横浜市立大学附属病院における抗HIV薬スタリビルドの使用経験.第28回日本エイズ学会学術集会, 大阪, 2014, 12.

研究助成金
金子猛(分担者):腎肺クロストークを介した人工呼吸器誘発性腎障害のメカニズム解明. 文部科学省科学研究費 基盤研究(C) (H24~H27), 40万円