• トップバナー
  • お問い合わせ
  • 交通案内
  • HOME
  • 当センターの紹介
  • 一般向け情報
  • 講演会・イベント
  • 医療者向け情報

ホーム > 医療者向け情報 > 論文等業績 > 2015年 論文等業績

2015年 論文等業績

2017年2016年|2015年|2014年2013年2012年2011年2010年

原著論文 (症例報告を含む)
1. Mishina K, Shinkai M, Shimokawaji T, Nagashima A, Hashimoto Y, Inoue Y, Inayama Y, Rubin BK, Ishigatsubo Y, Kaneko T : HO-1 Inhibits IL-13-Induced Goblet Cell Hyperplasia associated with CLCA1 Suppression in Normal Human Bronchial Epithelial Cells.Int Immunopharmacol, 29(2): 448-453, 2015.
2. Masuda M, Sato T, Sakamaki K, Kudo M, Kaneko T, Ishigatsubo Y. The effectiveness of sputum pH analysis in the prediction of response to therapy in patients with pulmonary tuberculosis. PeerJ.3: e1448, 2015.
3. Ushio R, Yamamoto M, Shibata Y, Ishii H, Watanabe K, Takahashi R, Sato T, Kudo M, Miyake A, Kaneko T, Ishigatsubo Y : An Autopsy Case Report of Malignant Pleural Mesothelioma with Deciduoid Features. Intern Med.54: 2915-2917, 2015.
4. Hara Y, Takeda A, Eriguchi T, Sanuki N, Aoki Y, Nishimura S, Enomoto T, Shinkai M, Kawana A, Kaneko T: Stereotactic body radiotherapy for chronic obstructive pulmonary disease patients undergoing or eligible for long-term domiciliary oxygen therapy. J Radiat Res, doi: 10.1093/jrr/rrv064. Epub 2015 ( 57: 62-67, 2016.)
5. Hara Y, Shinkai M, Kanoh S, Kawana A, Rubin BK, Matsubara O, Kaneko T: Clinico-pathological analysis referring hemeoxygenase-1 in acute fibrinous and organizing pneumonia patients.Respir Med Case Rep, 14: 53-56, 2015.
6. Horita N, Yamamoto M, Sato T, Tsukahara T, Nagakura H, Tashiro K, Shibata Y, Watanabe H, Nagai K, Inoue M, Nakashima K, Ushio R, Shinkai M, Kudo M, Kaneko T. Topotecan for Relapsed Small-cell Lung Cancer: Systematic Review and Meta-Analysis of 1347 Patients. Sci Rep.5: 15437, 2015.
7. Moriyama Y, Horita N, Kudo M, Shinkai M, Fujita H, Yamanaka T, Ishigatsubo Y, Kaneko T: Monocyte nadir is a possible indicator for neutrophil nadir during lung cancer chemotherapy. Clin Respir J, Aug 10, 2015. [Epub ahead of print]
8. Adachi H, Tsuboi M, Nishii T, Yamamoto T, Nagashima T, Ando K, Ishikawa Y, Woo T, Watanabe K, Kumakiri Y, Maehara T, Morohoshi T, Nakayama H, Masuda M : Influence of visceral pleural invasion on survival in completely resected non-small-cell lung cancer. Eur J Cardiothorac Surg, 48(5) :691-697, 2015.
9. Tanabe T, Shimokawaji T, Kanoh S, Rubin BK: Secretory phospholipases A2 are secreted from ciliated cells and increase mucin and eicosanoid secretion from goblet cells. Chest, 147(6): 1599-609, 2015.
10. Yanagihara K, Kadota J, Aoki N, Matsumoto T, Yoshida M, Yagisawa M, Oguri T, Sato J, Ogasawara K, Wakamura T, Sunakawa K, Watanabe A, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Ohsaki Y, Watari T, Toyoshima E, Takeuchi K, Shiokoshi M, Takeda H, Miki M, Kumagai T, Nakanowatari S, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H, Kawakami S, Kobayashi N, Takasaki J, Mezaki K, Konosaki H, Aoki Y, Yamamoto Y, Shoji M, Goto H, Saraya T, Kurai D, Okazaki M, Niki Y, Yoshida K, Kawana A, Saionji K, Fujikura Y, Miyazawa N, Kudo M, Sato Y, Yamamoto M, Yoshida T, Nakamura M, Tsukada H, Imai Y, Tsukada A, Kawasaki S, Honma Y, Yamamoto T, Ban N, Mikamo H, Sawamura H, Miyara T, Toda H, Sato K, Nakamura T, Fujikawa Y, Mitsuno N, Mikasa K, Kasahara K, Sano R, Sugimoto K, Asari S, Nishi I, Toyokawa M, Miyashita N, Koguchi Y, Kusano N, Mihara E, Kuwabara M, Watanabe Y, Kawasaki Y, Takeda K, Tokuyasu H, Masui K, Negayama K, Hiramatsu K, Aoki Y, Fukuoka M, Magarifuchi H, Nagasawa Z, Suga M, Muranaka H, Morinaga Y, Honda J, Fujita M: Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for Clinical Microbiology in 2010:General view of the pathogens' antibacterial susceptibility.J Infect Chemother, 21(6):410-420, 2015.
11. 山越志保, 川畑雅照, 駒瀬裕子, 西川正憲, 小松茂, 近藤哲郎, 清水邦彦, 新海正晴, 宮沢 直幹, 峯下昌道:呼吸器内科医を育てるための神奈川県の多施設共同研修会の試み, 呼吸, 34(11):1118-1125,2015.

総説
1. 坪井 正博, 鈴木 健司, 新海 正晴, 岡田 守人, 佐野 裕子, 青景 圭樹:術後合併症マネージメント低肺機能患者における呼吸器外科周術期管理(解説). Medical Torch,11(1),38-41,2015.

著書
1. 新海正晴: 生涯教育のためのセルフトレーニング問題と解説第3集「感染症」. 一般社団法人日本内科学会 専門医部会, 2015.
2. 新海正晴: 一発診断!一目瞭然!「特徴的な胸水から考えられる疾患は何か」. 一般社団法人日本内科学会 専門医部会, 21, 77-8, 2015.

学会発表
1. Kudo M, Masuda M, Moriyama Y, Ushio R, Yamamoto M, Sato T, Watanabe K, Nakashima K, Horita N, Shinkai M, Kaneko T, Dean Sheppard:IL-17A Directly Regulates Airway Smooth Muscle Contractility. World Allergy Congress 2015 , Seoul Korea , 2015, 10.
2. Mishina K, Shinkai M, Shimokawaji T, Shinoda M, Masuda M, Tsukahara T, Nagai K, Watanabe H, Kimura Y, Nagashima A, Hara Y, Kodama T, Tanaka K, Toda M, Tsukiji J, Inoue Y, Kudo M, Rubin BK, Kaneko T: Heme Oxygenase-1 Could Suppress IL-13 Induced Goblet Cell Hyperplasia And MUC5AC Production Through CLCA1 In Normal Human Bronchial Epithelial Cells.American Thoracic Society International Conference 2015, Denver, 2015, 5.
3. Watanabe H, Shinkai M, Shinoda M, Watanabe K, Mishina K, Masuda M, Nagai K, Nagashima A, Kimura Y, Shimokawaji T, Tsukahara T, Kodama T, Inoue Y, Toda M, Tanaka K, Tsukiji J, Kudo M, Kaneko T: Clinical Application Of Rapid Genetic On Out-Patient Setting, SmartAmp Method -A Single Nucleotide Polymorphism Of The NF-E2-Related Factor 2(NRF2) Gene Could Predict The Presense Of Chronic Rhinosinusitis In Subject With Asthma. American Thoracic Society International Conference 2015, Denver, 2015, 5.
4. Nagashima T: Thoracoscopic left mediastinal lymph node dissection. 5th Xizi Annual Forum of Thoracic Oncology ~key note speech~, Hangzhou, 2015, 11.
5. 金子 猛, 新海正晴:<シンポジウム>喘息・COPDにおける気道系・血管系のリモデリングの相違点と類似点 気道分泌. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
6. 新海正晴:<共同企画>包括的気管支喘息治療 抗コリン薬. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
7. 新海正晴:<ランチョンセミナー>在宅酸素濃縮装置の現状と将来展望. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
8. 新海正晴:COPDの病態に対応した薬物療法の課題.日本呼吸器学会第36回生涯教育講演会, 東京, 2015, 4.
9. 新海正晴:COPDの病態に対応した薬物療法の課題.日本呼吸器学会第36回生涯教育講演会, 愛知, 2015, 11.
10. 渡邉恵介, 牛尾良太, 柴田祐司, 森山雄介, 石井宏志, 高橋良平, 山本昌樹, 佐藤 隆, 工藤 誠, 金子 猛, 石ヶ坪良明: 癌を合併した肺非結核性抗酸菌症症例の検討. 第77回神奈川県感染症医学会,横浜, 2015, 3.
11. 青木登志将, 篠田雅宏, 塚原利典, 新海正晴, 下川路伊亮, 増田 誠, 三科 圭, 長井賢次郎, 渡邊 弘樹, 木村泰浩, 長島哲理, 児玉達也, 工藤 誠, 金子 猛:抗結核薬の有害事象と考えられる脳症を発症した頸部リンパ節結核の一例. 第77回神奈川県感染症医学会,横浜, 2015, 3.
12. 菅野健児, 永島琢也, 椎野王久, 乾健二, 富永訓央, 根元寛子, 松木佑介, 宮本卓馬, 安田章沢, 安垣亨, 輕部義久, 磯田晋, 内田敬二, 井元清隆, 益田宗孝 :下行大動脈浸潤が疑われた左下葉肺癌に対し大動脈ステント内挿術後, 左肺全摘を施行した1例.第167回日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 東京, 2015, 3.
13. 土井雄喜, 禹哲漢, 岩城秀行, 沖山信, 乾健二, 益田宗孝:MMPH(multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia)が診断に有用であった結節性硬化症の一例, 第167回日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 東京, 2015, 3.
14. 三科 圭, 新海正晴, 下川路伊亮, 長島哲理, 井上依子, 篠田雅宏, 増田 誠, 塚原利典, 渡邊弘樹, 長井賢次郎, 児玉達哉, 田中恭子, 戸田万里子, 原 悠, 築地 淳, 工藤 誠, 金子 猛: HO-1は正常ヒト気道上皮細胞においてCLCA1を抑制しIL-13誘導MUC5AC発現および杯細胞過形成を抑制する. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
15. 石井宏志, 山本昌樹, 牛尾良太, 柴田祐司, 渡邊恵介, 高橋良平, 佐藤 隆, 工藤 誠, 石ヶ坪良明, 金子 猛: 気管支鏡検査におけるプロポフォール・デクスメデトミジン併用鎮静の安全性と有用性の検討進行期非小細胞肺癌の予後予測因子としての血清CXCL16の検討. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
16. 佐藤 隆, 牛尾良太, 柴田祐司, 石井宏志, 渡邉恵介, 高橋良平, 山本昌樹, 工藤 誠, 石ヶ坪良明, 金子 猛:マウス肺気腫モデルの呼吸機能測定に関する検討. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
17. 佐藤 隆, 牛尾良太, 柴田祐司, 石井宏志, 渡邉恵介, 高橋良平, 山本昌樹, 工藤 誠, 石ヶ坪良明, 金子 猛:マウスの経時的呼吸機能測定に関する検討. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
18. 佐藤 隆, 牛尾良太, 柴田祐司, 石井宏志, 渡邉恵介, 高橋良平, 山本昌樹, 工藤 誠, 石ヶ坪良明, 金子 猛:マウス珪肺モデルの呼吸機能測定に関する検討. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
19. 長井賢次郎, 原 悠, 新海正晴, 篠田雅宏, 増田 誠, 塚原利典, 三科 圭, 渡邊弘樹, 長島哲理, 児玉達哉, 田中恭子, 戸田万里子, 下川路伊亮, 築地 淳, 工藤 誠, 金子 猛: 血清 heme oxygenase-1は間質性肺炎急性増悪の新規バイオマーカーとして有用である. 第55回日本呼吸器学会学術講演会,東京, 2015, 4.
20. 柴田祐司, 佐藤 隆, 牛尾良太, 石井宏志, 渡邊恵介, 高橋良平, 山本昌樹, 工藤 誠, 金子 猛, 石ヶ坪良明: 進行期非小細胞肺癌の予後予測因子としての血清CXCL16の検討.第55回日本呼吸器学会学術講演会,東京,2015,4.
21. 渡邊弘樹, 新海正晴, 渡邉恵介, 篠田雅宏, 増田誠, 塚原利典, 三科 圭, 長井賢次郎, 長島哲理, 児玉達哉, 田中恭子, 戸田万里子, 原 悠, 下川路伊亮, 築地 淳, 工藤 誠, 金子 猛: nrf2のSNP(c.-617C>A)を迅速に検出するSmartAmp法は外来喘息患者における慢性副鼻腔炎併存の有無を推察する一助となる可能性がある. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
22. 釣木澤尚美, 新海正晴, 西川正憲, 押方 智也子, 尾崎 真一, 大林 浩幸, 新海 正晴, 大林 王司, 石浦 嘉久, 山本 勝丸, 尾長谷 靖, 村木 正人, 佐藤 俊, 西川 圭一, 長谷川 隆志, 漆畑 一寿, 西川 正憲, 松本 久子, 小松 茂, 山口 正雄, 冨田 桂公, 相良 博典, 新実 彰男, IAA研究会EVOLUTIONグループ:気管支喘息の診断と治療 ICS非介入の気管支喘息患者におけるICS/LABA配合剤による介入の意義の検証. 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2015, 4.
23. 山本昌樹, 牛尾良太, 柴田祐司, 石井宏志, 高橋良平, 佐藤 隆, 工藤 誠, 上田敦久, 石ヶ坪良明, 金子 猛: ELISPOT法でのIGRA陰性活動性肺結核患者の臨床的検討. 第89回日本感染症学会総会学術講演会,京都,2015,4.
24. 永島琢也:<ランチョンセミナー>東西2施設における完全鏡視下手術の導入とアプローチの選択. 第32回日本呼吸器外科学会総会, 香川, 2015, 5
25. 永島琢也, 菅野 健児, 椎野 王久, 乾 健二, 坪井 正博, 益田 宗孝: postaortic left brachiocephalic veinを伴う右肺上葉肺癌の1切除例. 第32回日本呼吸器外科学会, 香川, 2015, 5.
26. 菅野健児, 椎野王久, 永島琢也, 乾健二, 益田宗孝 :胸部腫瘍に対する超音波ガイド下経皮的生検の検討.第32回日本呼吸器外科学会総会, 香川 , 2015 , 5.
27. 椎野 王久, 永島 琢也, 菅野 健児, 乾 健二, 益田 宗孝:右腎癌手術29年経過後、両側肺転移を呈した1例. 第32回日本呼吸器外科学会総会, 香川 , 2015 , 5.
28. 石川 善啓, 橋本 昌憲, 永島 琢也, 安藤 耕平, 荒井 宏雅, 足立 広幸, 西井 鉄平, 渡部 克也, 山本 健嗣, 山仲 一輝, 熊切 寛, 五来 厚生, 益田 宗孝:臨床病期cT1b/T2aN0肺癌に対する肺葉切除症例の縦隔リンパ節郭清範囲の検討.第32回日本呼吸器外科学会, 香川, 2015, 5.
29. 渡部 克也, 三ツ堀 隼弘, 足立 広幸, 石川 善啓, 安藤 耕平, 永島 琢也, 西井 鉄平, 山本 健嗣, 山仲 一輝, 熊切 寛, 坪井 正博, 益田 宗孝:原発性肺癌の術後再発時期の検討. 第32回日本呼吸器外科学会, 香川, 2015, 5.
30. 永島琢也:<ランチョンセミナー>肺癌低侵襲手術~私たちのVATSアプローチと工夫~ 完全鏡視下手術の手技の工夫. 第58回関西胸部外科学会学術集会, 岡山, 2015, 6.
31. 菅野健児, 永島琢也, 椎野王久, 乾健二, 長島哲理, 木村泰浩, 渡邊弘樹, 長井賢次郎, 三科圭, 塚原利典, 増田誠, 篠田雅弘, 新海正晴, 金子猛, 三ツ堀隼弘, 益田宗孝 :頚部リンパ節腫大を伴った気管奇形腫の1例.第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 東京 , 2015 , 6.
32. 永島琢也:<ランチョンセミナー>完全鏡視下手術における工夫 ~肺部分切除から縦隔郭清まで~. 第19回日本気胸嚢胞学会 , 東京, 2015, 9
33. 井上真理、須藤成人、池田秀平、新海正晴、鄭 慶鎬、長島哲理、木村泰浩、石井宏志、渡邉恵介、三科 圭、篠田雅宏、下川路伊亮、工藤誠、稲山嘉明、乾 健二、金子 猛:胸腔鏡下胸膜生検にて虫卵と多核巨細胞を確認しえた肺吸虫症の一例.第78回神奈川県感染症医学会 横浜 2015.9
34. 浅野史男, 渡邉恵介, 鄭 慶鎬, 三科 圭, 新海正晴, 篠田雅宏, 石井宏志, 須藤成人, 木村泰浩, 長島哲理, 築地 淳, 下川路伊亮, 工藤 誠, 金子 猛: 13 年後に再発したLambert-Eaton 症候群を合併した小細胞肺癌の1例. 第216回日本呼吸器学会関東地方会, 群馬, 2015, 9.
35. 松本留美衣, 下川路伊亮, 松本大海, 石井宏志, 新海正晴, 永島琢也, 篠田雅宏, 三科 圭, 渡邉恵介, 須藤成人, 木村泰浩, 長島哲理, 鄭 慶鎬, 池田秀平, 是松望美, 築地 淳, 工藤 誠, 乾 健二, 稲山嘉明, 金子 猛: EGFR 遺伝子変異陽性肺腺癌術後に肺小細胞癌を発症した一例. 第217回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2015, 11.
36. 池田秀平, 新海正晴,須藤成人, 井上真理, 鄭 慶鎬, 長島哲理, 木村泰浩, 石井宏志, 渡邉恵介, 三科 圭, 篠田雅宏, 下川路伊亮, 永島琢也, 築地 淳, 工藤 誠, 稲山嘉明, 乾 健二, 金子 猛: 病理所見にて虫卵と多核巨細胞を認めた肺吸虫症の1例. 第217回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2015, 11.
37. 藤井裕明, 片倉誠悟, 青木絢子, 長倉秀幸, 水堂祐広, 増田誠, 草野暢子, 吉本昇, 新海正晴, 金子 猛, 西川正憲:当院におけるアファチニブの使用経験. 第56回日本肺癌学会学術集会, 横浜, 2015, 11.
38. 松本慎吾, 葉清隆, 杉山栄里, 河野隆志, 新海正晴, 新行内 雅斗, 大江裕一郎, 富井啓介, 片岡 裕貴, 岡 壮一, 菅原俊一, 小谷昌広, 海老規之, 古屋直樹, 佐伯 祥, 近森研一, 土原一哉, 後藤 功一:ドライバー遺伝子変異検査法の現状と課題 個別化医療の確立を目指した肺癌遺伝子スクリーニングシステム(LC-SCRUM-Japan)の成果. 第56回日本肺癌学会学術集会,横浜,2015,11.
39. 足立 広幸, 西井 鉄平, 山本 健嗣, 永島 琢也, 安藤 耕平, 石川 善啓, 山仲 一輝, 渡部 克也, 熊切 寛, 坪井 正博, 益田 宗孝:肺癌取扱い規約第7版におけるp-stage IA肺癌術後の予後不良因子の検討.第56回日本肺癌学会学術集会, 横浜, 2015, 11.
40. 渡部 克也, 三ツ堀 隼弘, 足立 広幸, 石川 善啓, 安藤 耕平, 永島 琢也, 西井 鉄平, 山本 健嗣, 山仲 一輝, 熊切 寛, 坪井 正博, 益田 宗孝:原発性肺癌の再発時期を考慮した術後経過観察法.第56回日本肺癌学会学術集会, 横浜, 2015, 11.
41. 永島琢也, 菅野 健児, 齋藤 志子, 乾 健二, 益田 宗孝: B6気管支発生扁平上皮癌に対し、完全鏡視下右S6管状切除を施行した1例. 第28回日本内視鏡外科学会, 大阪, 2015, 12.

研究助成金
1. 工藤 誠(代):気管支喘息における上皮間葉転換の発現機序に関する研究. 平成27年度学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(H27-31年度),150 万円.
2. 新海正晴(代):喘息・COPDオーバーラップ症候群(ACOS)における気道分泌制御の重点的研究. 平成27年度学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(H27-29年度), 70万円.