• トップバナー
  • お問い合わせ
  • 交通案内
  • HOME
  • 当センターの紹介
  • 一般向け情報
  • 講演会・イベント
  • 医療者向け情報

ホーム > 医療者向け情報 > 論文等業績 > 2016年 論文等業績

2016年 論文等業績

2017年|2016年|2015年2014年2013年2012年2011年2010年

原著論文 (症例報告を含む)
1. Nagashima T, Inui K, Saito S, Kanno K: Postaortic left brachiocephalic vein in an adult patient with right upper lung cancer. Eur J Cardiothorac Surg, 49(1): e36-7, 2016.
2. Okayama A, Kimura Y, Miyagi Y, Oshima T, Oshita F, Ito H, Nakayama H, Nagashima T, Rino Y, Masuda M, Ryo A, Hirano H: Relationship between phosphorylation of sperm-specific antigen and prognosis of lung adenocarcinoma. J Proteomics, 139: 60-6, 2016.
3. Nagashima T: Thoracoscopic left mediastinal lymph node dissection. Ann Transl Med, 4(1): 10, 2016.
4. Watanabe K, Tsuboi M, Sakamaki K, Nishii T, Yamamoto T, Nagashima T, Ando K, Ishikawa Y, Woo T, Adachi H, Kumakiri Y, Maehara T, Nakayama H, Masuda M: Postoperative follow-up strategy based on recurrence dynamics for non-small-cell lung cancer. Eur J Cardiothorac Surg, 49(6): 1624-31, 2016.
5. Nagashima T, Inui K, Saito S, Kanno K: Postaortic left brachiocephalic vein in an adult patient with right upper lung cancer. Eur J Cardiothorac Surg, 49(1): e36-7, 2016.
6. Isaka T, Nakayama H, Yokose T, Ito H, Miyagi Y, Matsuzaki T, Nagata M, Furumoto H, Nishii T, Katayama K, Yamada K, Masuda M: Epidermal Growth Factor Receptor Mutations and Prognosis in Pathologic N1-N2 Pulmonary Adenocarcinoma. Ann Thorac Surg, 102(6): 1821-1828, 2016.
7. Shimada Y, Suzuki K, Okada M, Nakayama H, Ito H, Mitsudomi T, Saji H, Takamochi K, Kudo Y, Hattori A, Mimae T, Aokage K, Nishii T, Tsuboi M, Ikeda N: Feasibility and efficacy of salvage lung resection after definitive chemoradiation therapy for Stage III non-small-cell lung cancer. Interact Cardiovasc Thorac Surg, 23(6): 895-901, 2016.
8. Nagata M, Nakayama H, Matsuzaki T, Furumoto H, Isaka T, Nishii T, Furukawa M, Kubota A, Ito H, Yokose T: Suspected Aerogenous Lung Metastases From Nasopharyngeal Cancer. Ann Thorac Surg, 101(5): e157-9, 2016.
9. Isaka T, Ito H, Yokose T, Kondo T, Nagata M, Nishii T, Yamada K, Nakayama H, Masuda M: Prediction of lung tumor palpability using high-resolution computed tomography. Asian Cardiovasc Thorac Ann, 24(1): 23-9, 2016.
10. Nagashima A, Shinkai M, Shinoda M, Shimokawaji T, Kimura Y, Mishina K, Sato T, Toda M, Inayama Y, Rubin BK, Kaneko T: Clarithromycin Suppresses Chloride Channel Accessory 1 and Inhibits Interleukin-13-Induced Goblet Cell Hyperplasia in Human Bronchial Epithelial Cells. Antimicrob Agents Chemother, 60(11): 6585-6590, 2016.
11. Asano F, Watanabe K, Shinkai M, Tei Y, Mishina K, Tanabe M, Ishii H, Shinoda M, Shimokawaji T, Kudo M, Kaneko T: Relapse of both small cell lung cancer and Lambert-Eaton myasthenic syndrome after a 13-year disease-free survival period. Chin J Cancer, 35(1):63, 2016.
12. Horita N, Yamamoto M, Sato T, Tsukahara T, Nagakura H, Tashiro K, Shibata Y, Watanabe H, Nagai K, Nakashima K, Ushio R, Ikeda M, Kobayashi N, Shinkai M, Kudo M, Kaneko T: Amrubicin for relapsed small-cell lung cancer: a systematic review and meta-analysis of 803 patients. SCIENTIFIC REPORTS, DOI: 10.1038/srep18999, 2016.
13. 菅野健児,椎野王久,永島琢也,乾 健二,益田宗孝:転移性肺腫瘍に対する胸腔鏡下手術後にポートサイト再発をきたした1例.横浜医学 67:7-10,2016.

総説
1. 新海 正晴, 篠田 雅宏:【ゼロからわかる在宅酸素療法機器の選び方】 在宅酸素療法機器の現状 患者さんが求める機能とは? . 呼吸ケア,14(10): 964-967,2016.

学会等発表
1. Kudo M, Masuda M, Moriyama Y, Yamamoto M, Sato T, Shinkai M, Kaneko T, D. Sheppard: IL-17A Has a Synergistic Effect on Smooth Muscle Contaction with TNF-a. American Thoracic Society Annual Meeting 2016, San Francisco, 2016, 5.
2. Kobayashi N, Sairenji Y, Masumoto N, Koizumi H, Takahashi K, Ihata A, Nagaoka S, Kaneko T:Differences in Lung Abnormalities Between Primary and Secondary Sjögren’s Syndrome. American Thoracic Society Annual Meeting 2016, San Francisco, 2016, 5.
3. Kodama T, Watanabe K, Nagai K, Shinoda M, Shinkai M,Kaneko T:Three Cases of Pulmonary Adenocarcinoma in Which Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR) Exon 20 T790M Resistance Mutations in Pleural Fluids Disappeared. American Thoracic Society International Conference 2016, 5.
4. Nagashima A, Shinkai M, Shimokawaji T, Shinoda M, Mishina K, Ishii H, Kimura Y, Sudo S, Tei Y, Hara Y, Kodama T, Tanaka K, Toda M, Tsukiji J, Kudo M, Inayama Y, Sato T, Yamamoto M, B.K. Rubin, Kaneko T: Clarithromycin Attenuates IL-13-Induced Goblet Cell Hyperplasia Through SPDEF/CLCA1 Suppression in Normal Human Bronchial Epithelial Cells. American Thoracic Society International Conference 2016, 5.
5. Ushio R, Yamamoto M, Nakashima K, Watanabe H, Nagai K, Shibata Y , Tashiro K, Tsukahara T, Nagakura H, Horita N, Sato T, Shinkai M, Kudo M, Ueda A, Kaneko T: Detection of Circulating Mycobacterium Tuberculosis DNA in the Plasma of Smear-Positive Pulmonary TB Patients by Digital PCR Assay. American Thoracic Society International Conference 2016, 5.
6. Shimokawaji T, Sugiyama E, Matsumoto S, Yoh K, Shingyoji M, Ohashi K, Kato T, Aono H, Ohe Y, Sugawara S, Furuya N, Nakazaki H, Taima K, Watanabe H, Harada T, Sakamoto T, Ikemura S, Tsuchihara K, Goto K: Development of a nationwide genomic screening network for squamous cell lung cancer in Japan (LC-SCRUM-Japan). American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2016, Chicago, 2016, 6.
7. 井上 真理, 須藤 成人, 池田 秀平, 新海 正晴, 鄭 慶鎬, 長島 哲理, 木村 泰浩, 石井 宏志, 渡邉 恵介, 三科 圭, 篠田 雅宏, 下川路 伊亮, 佐藤 隆, 築地 淳, 工藤 誠, 稲山 嘉明, 乾 健二, 金子 猛:8ヵ月の間に経験したウエステルマン肺吸虫症の二例.第79回神奈川感染症医学会, 川崎, 2016, 3.
8. 西連寺 悠, 小泉 晴美, 増本 菜美, 小林 信明, 高橋 健一: 当科におけるクリプトコッカス抗原陽性、肺クリプトコッカス症7例の臨床的検討. 第79回神奈川感染症医学会,川崎, 2016, 3.
9. 小林 信明, 西蓮寺 悠, 増本 菜美, 小泉 晴美, 高橋 健一, 井畑 淳, 長岡 章平, 金子 猛: シェーグレン症候群に合併した肺病変の検討. 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 京都, 2016, 4.
10. 篠田 雅宏, 新海 正晴, 鄭 慶鎬, 佐々木 寿, 児玉 達哉, 長島 哲理, 須藤 成人, 石井 宏志, 三科 圭, 下川路 伊亮, 工藤 誠, 金子 猛: 患者さんは酸素濃縮装置に対して何を望んでいるか. 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 京都, 2016, 4.
11. 須藤 成人, 新海 正晴, 原 悠, 長井 賢次郎, 篠田 雅宏, 三科 圭, 石井 宏志, 木村 泰浩, 長島 哲理, 児玉 達哉, 佐々木 寿, 田中 恭子, 戸田 万里子, 築地 淳, 工藤 誠, 佐藤 隆, 山本 昌樹, 金子 猛:ARDSにおいてプレセプシンのバイオマーカーとしての有用性の検討 .第56回日本呼吸器学会学術講演会, 京都, 2016, 4.
12. 長島 哲理, 新海 正晴, 下川路 伊亮, 篠田 雅宏, 三科 圭, 石井 宏志, 木村 泰浩, 須藤 成人, 鄭 慶鎬, 児玉 達哉, 佐々木 寿, 田中 恭子, 戸田 万里子, 原 悠, 築地 淳, 工藤 誠, 佐藤 隆, 山本 昌樹, 金子 猛: クラリスロマイシンは正常ヒト気道上皮細胞においてSPDEF/CLCA1を抑制しIL-13誘導MUC5AC発現および杯細胞過形成を抑制する. 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 京都, 2016, 4.
13. 木村泰浩, 鄭 慶鎬,長島哲理,須藤成人,石井宏志,三科圭,篠田雅宏,下川路伊亮,新海正晴, 工藤 誠,金子 猛: 著明な高カルシウム血症と急性腎障害を来たしたサルコイドーシスの一例.第219回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2016, 5.
14. 工藤 誠:気道平滑筋の収縮調節機構.第65回日本アレルギー学会学術大会,東京, 2016. 6.
15. 小林信明:高齢者非扁平上皮非小細胞肺癌に対するプラチナ製剤、ペメトレキセド、ベバシズマブ併用療法の安全性および有用性の検討.第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 神戸, 2016, 7.
16. 里内美弥子, 田中洋史, 吉野一郎, 下川路伊亮, 武田晃司, 吉岡弘鎮, 水野圭子, 倉田宝保: cobasキットの細胞診検体におけるT790M耐性変異検出能の検討. 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 神戸, 2016, 7.
17. 小林 信明:呼吸器領域における血清アスペルギルス抗原価の有用性の検討.第4回深在性真菌症研究会. 横浜, 2016, 9.
18. 牛尾良太,山本 昌樹, 中島健太郎,渡邊弘樹,長井賢次郎,柴田祐司,田代研, 長倉秀幸,堀田信之,佐藤 隆,新海正晴,工藤 誠,金子 猛:デジタル PCR による肺結核患者血漿中結核菌特異的遊離DNAの検出. 第80回神奈川感染症医学会, 横浜, 2016, 9.
19. 工藤 誠: 呼気NO、IOS、気管支鏡、胸部画像および血清バイオマーカーの側面から喘息とCOPDを考える 血清バイオマーカーからみた喘息とCOPD. 第53回日本臨床整理学会総会,東京, 2016, 10.
20. 柴田栞里, 片倉誠悟, 下川路伊亮, 吉田智隆, 新海正晴, 三神直人, 原田寛子, 鄭 慶鎬, 木村泰浩, 寺西周平, 須藤成人, 篠田雅宏, 小林信明, 工藤 誠, 乾 健二, 藤澤 信, 稲山嘉明, 金子 猛: 骨髄生検によりT790M 陽性を確認しOsimertinib を投与できた肺腺癌の1 例. 第222 回日本呼吸器学会関東地方会, 東京, 2016, 11.
21. 柴田 祐司, 小林 信明, 池田 美彩子, 長島 哲理, 牛尾 良太, 中島 健太郎, 長井 賢次郎, 渡邊 弘樹, 田代 研, 長倉 秀幸, 堀田 信之, 山本 昌樹, 佐藤 隆, 新海 正晴, 工藤 誠, 小泉 晴美, 高橋 健一, 金子 猛: Poly G ODNのヒトにおける抗腫瘍免疫反応の検討. 第57回日本肺癌学会学術集会,福岡, 2016, 12.
22. 西井鉄平,横瀬智之,宮城洋平,松崎智彦,橋本昌憲,伊坂哲哉,古本秀行,伊藤宏之,中山治彦:分子生物学の進歩と呼吸器外科医にできること.第33回日本呼吸器外科学会総会,京都市,2016年5月
23. 西井鉄平,中山治彦,伊藤宏之:当施設でのリンパ節郭清.第17回胸骨正中経路による肺癌手術懇話会,東京都,2016年4月
24. 菅野健児,齋藤志子,椎野王久,永島琢也,乾 健二,益田宗孝:突然の胸痛で発症し胸水貯留を伴った胸腺種の1例.第33回日本呼吸器外科学会総会,京都市,2016年5月
25. 菅野健児,齋藤志子,永島琢也,乾 健二,益田宗孝:原発性肺癌に対する外科的re-biopsyの有用性の検討.第33回日本呼吸器外科学会総会,京都市,2016年5月

研究助成金
1. 工藤 誠(代表):気管支喘息における上皮間葉転換の発現機序に関する研究. 平成27年度学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(H27-31年度),100 万円.
2. 小林信明(代表):poly-G ODNを用いた新規抗腫瘍免疫療法の開発.平成26年度学術研究助成基金助成金 若手研究(B)(H26~H28),80万円.
3. 小林信明(代表):肺癌患者の癌性胸水および末梢血における免疫抑制性因子の検討.共済医学会共同研究事業(H27~H29),50万円.

その他
1. 西井鉄平:肺がんの診断と治療~最近の話題を含めて~.市民医療講座「がん診断」の実際(横浜市立大学),横浜市,2016年7月
2. 西井鉄平:肺癌手術の感染対策.第268回神奈川肺癌・呼吸器研究会(MSD株式会社),横浜市,2016年7月
3. 西井鉄平:高齢者肺癌の分子病理学的探索.外科治療学セミナー in Yokohama 2016 Autumun(中外製薬株式会社),横浜市,2016年11月